So-net無料ブログ作成
検索選択

あっという間の1週間 [日常]



先々週のこと、叔母の入院からあっという間に一ヶ月以上経ち・・・
本当はこの日に叔母(90歳)は退院予定だったのですが、

2,3日前から熱が出てしまい退院できず・・・

IMG_9901resize.JPG
最近のおとんとおかんの昼食は
入院中の叔母の前では食べられないので、
病院へ行った時は近くのジョナサンが定番。

気持ちを反映してか外はどんより曇り空・・・。


この日は親族集まって、叔母の病状説明を
お医者様からしていただきました。

自分の親でないので、
簡単に物事を進めることもできず、
共通認識の上にたっていただこうということです。


IMG_9902resize.JPG
叔母の食事はこの時はスープ類、ヨーグルト、重湯。
だいたいが水みたいな飲み物ばかり、固形物は食べられず。
チーズ、卵、牛乳は禁止です。


こんな状態で退院しても、食べる楽しみはないし、
かえってつらいのではとも思いますが、、
一度は自分の家へ帰りたいという叔母の強い希望で、
やっと先週退院できました。

でも、食べるものは相変わらず制限されていて、
特に脂肪の多い物は厳禁です。

食べるの大好きな叔母がいつまで我慢できるか・・・
(おいしいものって、油と糖で出来ているんですよね。)


*********


そんな中、孫のカナコからスカイプがありました。
何度もかけてくれたようなのですが、ここのところ叔母の事で忙しく
PC開いてなかったりして・・・。


IMG_9920resize.JPG

知らせたかったのは・・・
下の前歯が抜けたっていうことなんです(笑)

幼稚園でリンゴを食べていたらポロッと取れたんですって。
先生がちゃんと拾ってビニール袋に入れてくれたそうです。

これをおじいちゃんとおばあちゃんに知らせたかったと。
うれしいですね~^^


そして、レオン君は・・・
あいにくの梅雨空でなかなかお散歩行かれませんが、
お散歩コースの一つに素敵なカフェが出来ました~^^




cafe.jpg

モーニング、コーヒーが付いて600円。
安いですよね~^^

木々が多いところなので、
夏場はちょっと蚊対策が大変ですが、
お散歩の途中休めるところが出来てとってもうれしい発見でした^^


IMG_9925.JPG

レオン君、お散歩前だというのに、もう舌出してます。
ワンコにとってはこれからちょっとつらい時期ですね。


nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

介護保険と銀杏と怪しい電話 [日常]


あっという間の一週間が過ぎていきます。
先週は叔母の所へ一泊して用事をすましてきたので、
ちょっと寝不足気味のレオン家です。

どうしてお泊まりになったかというと・・・
親族に叔母の容体の説明を主治医からしていただいたのですが、

それが夕方5:30過ぎで
訪問看護を入れて欲しいと要望したところ、
「その書類は申請を出してもらえないと医者は書けない、市役所へ直接行け」と医者に言われ、

翌日行くなら泊まった方が楽・・・となったわけです。
(そう、万が一のために最近寝袋積み込んでます。レオンもホテル預けにして。)

そうして翌日市役所へ朝一番で乗り込んだわけですけど・・・
市の介護保険課とお話しをすると・・・

「市ではなく、病院のケースワーカー(相談員)がその窓口です。」と言われ
(ナニッ!たらい回しにされている感じですよね。)

市の職員の方は「病院の医者の間違いです」とわざわざ病院に電話を掛け、
そして我々にわかりやすく説明してくれましたが、
介護保険は年々複雑になっているそうです。

主治医からの説明の時にケースワーカー(相談員)の同席を求めた方が良かったです。
(あいにく、その日は相談員がお休みで・・・。)
そうしたらその時、相談員がそれは違うと説明したでしょうから。

それにしても、相談員もケアマネも自分たちからは
訪問看護が要支援でも使えるという情報を流してくれない。
こちらで調べて「使えるでしょ」っというとやっと動くという感じでした。

訪問介護と訪問看護は全く別物なんですね。
医者が認めれば要支援1,2でも使えるんです(←ココ重要)

そんなこんなで、訪問看護3回+訪問介護3回と、1週間のうち6日入ることに。
今、退院に向けて動いています。

でも、叔母の体調は一進一退・・・。
もう少し早くこの体制を整えてあげたかったです。


IMG_9917resize.JPG



そんなあわただしい毎日の中、
おとんが銀杏を食べていて、ポロリと床へ・・・(驚!!)

「レオン、食べちゃダメ~」と言ったんだけど、
最初、自分で放り投げて遊んでいたかと思ったら
バリバリと音がして・・・あ~ァ、食べちゃった(涙)

あわてて、行きつけの病院に電話。
折り返し電話いただいて、

「今のところ、銀杏で死亡したり、何らかの問題が出たという報告症例はなく、
一粒なのでおそらく大丈夫。

吐かせる方法もありますが、却って胃を荒らしてしまうので
もしひどい下痢や嘔吐があるようなら連れてきてください」との事で事なきを得ました(ホッ)


leon.jpg



おとんさん、気をつけて下さい!
以前には鎮咳剤を落としてレオン胃洗浄をやった前歴があります。(全く~)

そして今朝は怪しい電話が一件・・・

レオン家はナンバーディスプレイにしているので
固定電話にかかってくると誰からかけてくるのかわかるのですが、

これが・・・・33120116358・・・という見慣れぬ番号。

若い女性の自動音声で

「こちらはNTTですが、この固定電話は回線故障のためこれから遮断されます。
お困りの方や御用のある方や直ちにナンバー9を押してご連絡下さい。・・・」・・・って。

おかんは一瞬、「ウン?」って思って、
お教室の始まる直前だったこともあり、(後でPCで調べよう。携帯もあるしね)と思い、切りましたが、
引っかかりそうな怪しい電話ですよね~。


IMG_9919resize.JPG



案の定、PCで調べたら怪しい電話でしたよ~。

皆さまもお気をつけ下さい!!







nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

介護保険に思うこと [日常]


レオン家、叔母の入院騒ぎに翻弄されて
ブログへ向き合うゆとりがなく
今年の前半は終わろうとしています。

それで、介護保険について思うことを書いてみたいと思います。

介護保険は40歳以上の人が全員加入して介護保険料を納め
介護が必要になったときに一定の介護が受けられるという制度です。

介護サービスを受けるためには
要介護認定の申請をしなくてはなりません。

申請窓口は区市町村や地域包括センターの窓口。

ここにはケアマネージャーと呼ばれる介護に広い知識を持ち
「介護支援専門員」という資格を持った方々がいらっしゃいます。


IMG_9899resize.JPG
薬の飲み忘れを防ぐためのケースを用意しました。
MUJIで600円(100円ショップでは見つからず・・・。)




でも、ここが問題で・・・・

やっぱり、新人さんもいらっしゃれば、
広いネットワークをもつベテランさんもいらっしゃって・・・

フットワークの軽い方と事務的にしか動かない方などいろいろのようです。
なので、その場合はケアマネージャーさんを替えるのが良いようです。

うちの場合は・・・
(知り合いのケアマネさんにアドバイスをいただいて)

ちょっとモンスター親族になりました(笑)

そんな、難癖はつけていませんよ。
「食事をちゃんと取っているか」と「薬をきちんと飲んでいるか見て下さい」の2点だけです。

でも、やさしくお願いしてもちっとも動いてくれなかったので
ケアプランを退院するまでに作って下さい、と今回ばかりは強く言いました。

それで、ようやく動き出しました。

一度目の認定の時(2月)は

「これは出来ない、あれは出来ない」ばかり言っていたケアマネさんが
私たちが希望した要介護1のプランを暫定で出してくれました。

(今のところ、要支援2をもらっています。)



2IMG_9808resize.JPG




それから、病院側に認定調査が終わるまでは退院させられないと
告げたのも良かったかも知れません。
わりとすぐに認定調査員が入りました。

でもね、その認定調査を見ていたのですが・・・

全く認知症の判定テストとしては簡単すぎて・・・

 ハンカチとティッシューと鉛筆を患者に見せ
数分後にハンカチとティッシューを見せて、「ここにないのは何ですか?」と聞くんですよ。

笑っちゃいますよね~。

TVでやっているもっと難しいテストを想像していたら全く簡単で・・・。
あとは生年月日と名前、年齢、今はどこにいるか?くらいでした。

これで認知の問題はないということになるんですかね~。

患者さんのその日の調子にもよりますが、
叔母の場合は・・・最近、「お金を盗まれた」、来る予定のない人を「今日来る予定なんだけど」とか、
突然に話の筋が変わったり、とにかくちょっと変なんです。

こういう認知は長い間見ていない人にはわかりませんね。

それから、認定調査の1ヶ月以上前の話は調査の対象には
ならないと言われました。

だから、看護婦さんがお金を取ったという話(2月の入院で)は
今回は調査の対象にならないって・・・。笑うしかありませんでした~。
看護婦さんも知っている話なんですよ~。

認定の調査は入院中に入ってもらうことも重要です。
入院しているときの方が容体が悪いことが多いので
認定区分が重く出るそうです。

初めてこういう介護保険の問題にぶち当たって
思うこといっぱいありました。

これから団塊世代が高齢化して、医療費も増大、
認知症の患者さんも増えることと思います。

自分もそれを追う年代ですから、他人事ではないです。
医学の進歩を単純に喜べないと思いました。
 


nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット