So-net無料ブログ作成
検索選択

介護保険と銀杏と怪しい電話 [日常]


あっという間の一週間が過ぎていきます。
先週は叔母の所へ一泊して用事をすましてきたので、
ちょっと寝不足気味のレオン家です。

どうしてお泊まりになったかというと・・・
親族に叔母の容体の説明を主治医からしていただいたのですが、

それが夕方5:30過ぎで
訪問看護を入れて欲しいと要望したところ、
「その書類は申請を出してもらえないと医者は書けない、市役所へ直接行け」と医者に言われ、

翌日行くなら泊まった方が楽・・・となったわけです。
(そう、万が一のために最近寝袋積み込んでます。レオンもホテル預けにして。)

そうして翌日市役所へ朝一番で乗り込んだわけですけど・・・
市の介護保険課とお話しをすると・・・

「市ではなく、病院のケースワーカー(相談員)がその窓口です。」と言われ
(ナニッ!たらい回しにされている感じですよね。)

市の職員の方は「病院の医者の間違いです」とわざわざ病院に電話を掛け、
そして我々にわかりやすく説明してくれましたが、
介護保険は年々複雑になっているそうです。

主治医からの説明の時にケースワーカー(相談員)の同席を求めた方が良かったです。
(あいにく、その日は相談員がお休みで・・・。)
そうしたらその時、相談員がそれは違うと説明したでしょうから。

それにしても、相談員もケアマネも自分たちからは
訪問看護が要支援でも使えるという情報を流してくれない。
こちらで調べて「使えるでしょ」っというとやっと動くという感じでした。

訪問介護と訪問看護は全く別物なんですね。
医者が認めれば要支援1,2でも使えるんです(←ココ重要)

そんなこんなで、訪問看護3回+訪問介護3回と、1週間のうち6日入ることに。
今、退院に向けて動いています。

でも、叔母の体調は一進一退・・・。
もう少し早くこの体制を整えてあげたかったです。


IMG_9917resize.JPG



そんなあわただしい毎日の中、
おとんが銀杏を食べていて、ポロリと床へ・・・(驚!!)

「レオン、食べちゃダメ~」と言ったんだけど、
最初、自分で放り投げて遊んでいたかと思ったら
バリバリと音がして・・・あ~ァ、食べちゃった(涙)

あわてて、行きつけの病院に電話。
折り返し電話いただいて、

「今のところ、銀杏で死亡したり、何らかの問題が出たという報告症例はなく、
一粒なのでおそらく大丈夫。

吐かせる方法もありますが、却って胃を荒らしてしまうので
もしひどい下痢や嘔吐があるようなら連れてきてください」との事で事なきを得ました(ホッ)


leon.jpg



おとんさん、気をつけて下さい!
以前には鎮咳剤を落としてレオン胃洗浄をやった前歴があります。(全く~)

そして今朝は怪しい電話が一件・・・

レオン家はナンバーディスプレイにしているので
固定電話にかかってくると誰からかけてくるのかわかるのですが、

これが・・・・33120116358・・・という見慣れぬ番号。

若い女性の自動音声で

「こちらはNTTですが、この固定電話は回線故障のためこれから遮断されます。
お困りの方や御用のある方や直ちにナンバー9を押してご連絡下さい。・・・」・・・って。

おかんは一瞬、「ウン?」って思って、
お教室の始まる直前だったこともあり、(後でPCで調べよう。携帯もあるしね)と思い、切りましたが、
引っかかりそうな怪しい電話ですよね~。


IMG_9919resize.JPG



案の定、PCで調べたら怪しい電話でしたよ~。

皆さまもお気をつけ下さい!!







nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 18

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。